2013年12月02日

娘の話

さて、娘4歳がパパを無視し始めました。

嫌いなわけではないのでしょうが、

パパが話しかけても、無言。
2512021.png

パパ「おはよう〜」

娘「……」


挨拶はしなさい!と説得の上でやっとしたら、

「ぉぁょぅ…」

にゃあちゃん並の小ささじゃないの。
2512022.png
しかも、いろいろ話しかけても無視という。

パパ「すうちゃんがパパが話しかけてもずっと無視しているんだけど!!!!」

とうとう旦那に泣きつかれた。

女の子はお父さんを嫌いになる時期があるっていうけども、

もう?!

嫌いなわけじゃないんだけど、お年頃なんだろうか……。

そんな娘、未だに赤ちゃん時代からのタオルケットを愛用し、

さらにおっぱいをしゃぶるようにタオルケットの先を口にあてて

もごもご口を動かして寝ています。

たぶん、このタオルケットを取り上げたら直るんじゃないかと思うのですが……。
2512023.png
当分取り上げられそうにないアタシです…。
posted by saya at 13:38| 北海道 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

探してしまう話


寒くなってきたので、娘に帽子を買いました。

去年まではイチゴ帽子を被っていたのですが、

お気に入り過ぎて穴が開いてぼろぼろになってしまったのです……。

しかも穴が開いていれば指を突っ込みたくなるお年頃。

あまりにもみすぼらしい有様に……。

今年は買おう。

と思って見に行き、娘が自分で選んだ帽子がこちら。
2511051.png

耳付き。

リボン付き。

くまのがっこうのジャッキーのリボン付きぬいぐるみを誕生日に買ってあげたので、

その影響が大きかった気がします。

まさにピンクの熊。

そんな娘が可愛くてついつい遊んでしまう。


アタシ「ピンクの熊を探してる〜リボンのついた熊を探してる〜美味しい美味しいピンクの熊が食べたいな〜」

と、歌うと、

はっ!自分を誰かが探している!という恐怖に駆られるようで

ぱっと熊帽子のリボンを隠す。
2511052.png
アタシ「あっ!ピンクの熊だ!でもリボンが付いてないから違うな〜食べられないな〜」

というとほっとしている。

お、面白い。

飽きるまで遊ぼうと思う私っていたら、息子が一言。

息子「ママって意地悪だと思うーっ」

……。

アタシ「ごめんなさい」

最近息子に怒られるアタシです……。
posted by saya at 22:07| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

時期外れの怪談。

ようやくキーボードを恐る恐るでもなく打てるようになりました。

もうね、本当に指がめくれるんじゃないかってぐらいぐっさり切ってね、

力技でテープでがっつり止めて無理やり止血。

2,3日、病院に行くべきなんだろうかと悩みました。

ああ。くっついてよかった!!!!

いや、まだちゃんとはくっついていない気はするけど……。

彫刻刀って怖いですね。


さて、そんなアタシですが、怪我した指をかばいながらも家事は休めません。

もう子供の髪を洗うときなんて、「ぎゃああああああっ!!」と、

うっかり指を使ってしまったりしては悲鳴を上げましたとも。
2511053.png

いやもう、そのずきずきっぷりったら。

でもね、実は今日書きたいのは指じゃないんです。


連休ついでに子供達と相談しながらおもちゃ箱の整理をしました。

息子と娘用のおもちゃ箱が並んでいて、それぞれの管理なのですが、

当然月日が経てばどんどんぐちゃぐちゃに。
2511051.png

丸めた紙とか、セロテープで丸まったダンボールとか、

これ必要?というものがわんさか入っています。


で、一度全部取り出しながら子供に「必要か」「必要じゃないか」を聞きながら選別していたのですが、

やっと箱の底が見えたその時。


暗がりの底につるつるだけど干からびた感の立派な翼を横たえた……

どう見ても虫そのものに見える物体が。

2511052.png

ごきぶりいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!!!

ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっっ!!!!

もうその私の絶叫たるや。

ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!


ひいいいいいいいいいいいいいいいっ!


ひいいいいいいいいいいいいいいいっ!!!!

絶叫するアタシと対照的に子供達は無言だった。


ばくばくする心臓をなんとか体内にとどめながら掃除機を掴み取り、


ブーーーーーーーーン


吸い込みました。



こ、怖かった。

怖かったよ!!!!

いや実は怖すぎてよく見えなかったけど、3センチぐらいはあったし、

ちゃいろいすごい立派な丸みを帯びた羽だったし、

触覚が左右に超湾曲してたし、

あれは、きっとあれよ!!!!


死んでいてよかった……。


いろんなところ、掃除しようって思いました。

ああ恐ろしかった……。
posted by saya at 21:35| 北海道 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

落ち込みちゅう。

さて珍しくマックスに落ち込んでいるアタシです。

なぜならばね、

息子がものすごいことをやらかしまして、

もう学校から呼び出されてもおかしくないレベル。

いや大人なら警察のお世話になるレベル。

まさかね、うちの子が反社会的なこんなことをするなんてね!!!

ものすごい驚きました。

え?うちの子が?ホントに?
え?エエエエえええええええええええええええっっ

子供だからっていわれたけども。

いや子供でももう許せるレベルじゃないんじゃない?

とね。

旦那は当然怒ったんですけど

息子曰く「話が長い」

……。


もうどこからどう間違えたんだ。まだ6歳なのに!

ものすごいしつこくしつこく色々いちいち教えてきたはずなのに。

旦那「もう一度きちんと教えなおしていかないといけないな。

万引きはしてはいけないとか。」


え。


そこから?

いやもうそれわかってて当然なレベルなのに。

どうもどうしてしてはいけないかとかの理由付けがよくわかっていなかったようです。

旦那が言いました。

旦那「まだまだこれからもこんなことがあるんだろうなぁ……」

私にはまだまだ覚悟が足りない。

そんな未熟な母の独り言でした……。

はぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜。

まぁ幸い何も無かったんですけどね。ホントにね。
そこだけは良かった。。
posted by saya at 10:38| 北海道 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

夜中です。

こんな時間に起きてるなんて珍しいでしょ。

今日は娘の風邪マックスらしくて夜泣きがすごい。

鼻が詰まって気持ち悪いのだと思うのだけど

娘「うううううううううううううあああああああううううああああ」

と唸ったり泣いたりしながらもがくもので、

そのたびにとんとんしたり、抱っこしたり。

もう4歳なのに。

いやまだこんなものなのだろうか。

最近夜辛いらしいのは知っていたけども今日は特に酷い。

やっぱりおきてしまうのはアタシだけなのだけどねぇ。

これって母親だからなんだろうか。

父親っておきないわよね。不思議。

あんなにうるさいのに!

ということで、最近到来の風邪シーズンでやられています。

万年寝不足。皆様もお気をつけて……。
posted by saya at 00:49| 北海道 ☔| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

雨の日の話

ある雨の日のことです。

傘を持ってバスを待っていたのですが、娘3歳、

上手に傘がさせないため結構雨が当たっている。
2510101.png
昨今の雨の勢いはすごい。

しかも背中のリュックは既にぐっしょり……。

しかし!

こういうときのためにアタシの持っている傘は子供と二人で入れる特大サイズ。

傘を取り上げたり、「一緒にママの傘に入ろう〜」と言うと、

「嫌だ!あたし自分で傘させる!!!」

と怒るのが目に見えているので、

こっそりすっぽりと上からママの傘で覆ってあげました。
2510102.png
まぁ雨の音もすごいし勢いもすごいし、これは結構大変だな〜

と思いながらしばらくそのまま待っていたら、
2510103.jpg



娘が突然傘を畳み始めました。

超雨降ってるけど?!と思って聞いてみると、

アタシ「どうしたの?!」

娘「ママー傘畳む!」

アタシ「なんで?」

娘「だって雨降ってないんだもん!」

2510104.png

ザーーーーーー
ザーザーったらザーーーーー


咄嗟に返す言葉が見つからなかった。


しばらく考えて思い当たった。


なるほど!確かにすうちゃんのところだけ雨あたってないね!

というか、目の前どう見ても雨だけども。

たぶん娘には自分に雨が降ってなければ雨じゃない。

ようやくなんとなく娘の思考回路が分った気がしたアタシ。

そして、自分から数センチ先が土砂降りでも、
自分のところだけ降っていないことも自然現象的にあると思っているのかとちょっと驚き…。

確かに、絵本ではあるけども……。

私「雨降ってる気がするけど……」

一応言ってみたら、娘、しばらく傘をおろしてじーっと立っていて、
それから

娘「降ってないよ。」

やはり傘を畳むことにしたらしい。

とりあえず、下手に傘をさされるより私の傘に入っていてくれた方が濡れないので、

娘の傘を畳んであげたのですが、

後ろから

「ねぇ、すうちゃん、ママが傘さしてあげているからすうちゃんのとこだけ雨が当たってないって知ってる?」

と聞いたら、全く分っていない様子で無言で雨をじーっと見ていました。


雨の音を聞きながら二人でママの傘に入ってバスを待ったわけですが……。


ママの傘の存在に気づいていたのかいなかったのか、未だに謎の出来事です
posted by saya at 09:17| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

読み続ける夏休み

読み聞かせしてますか?

うちは毎日とは言えないけれどもほぼ毎日しています。

でね、基本は絵本なのですが最近結構な分厚い本を読むようになりました。

怪傑ぞろりとかね、王様の話とかね、

図書館で借りてきたりするのですが一年生が読める程度に字も大きいし、

漢字もふりがながついているのですが、

それにしたって絵本に比べたら大変な長さ。

読み終えたら1時間経ってたりね!

8時から読んで9時近くとかね。

いや時間を決めて途中でやめればいいのだろうけど、

面白そうに目を輝かせている子供を見ると、あと少し、あと少しと読んでしまう。

でもね、私も結構楽しい。

特に怖い話とか、主人公が恐ろしくピンチに陥る話とかね、

6歳児がダッシュで逃げ出したりね、

3歳児が突然泣き出して挿絵を手で覆っちゃったりね。
2508212.png
本気でお話にのめりこんでいるところが面白いね!!!

なにせ読み聞かせは結構ボランティアでしたこともあって、

「あんたが読むと怖いのよ!!」

といわれたことさえある。

そんなアタシを人は鬼と呼ぶ……。


でも、なんだかさらに本が好きになったようで、図書館に行くと、

なんと帰るよ!というまで何時間もいる。

6時間とか平気でいる。

お昼ごはん食べた後も行く。

本屋も大好き。

でもまだまだ読んであげないとたぶん続かないんだろうなぁと思うので、

これからもたんまり読んであげたい。

ちなみに娘の好みは「お姫様と王子様の話」

娘は最初お姫様は自分だと思っていたらしいけど、最近は王子様らしい

なんで女の子なのに王子様なの?!


って思ったらね、

お姫様は恐ろしい目にしょっちゅうあうことになるから怖いらしい。
2508213.png
確かに毒りんご食べたりね、

魔法使いや魔女や悪いやつに命を狙われちゃうよね。

そう考えるとさっとやってきて必ず勝って解決する王子様って安全な気がするよね。


でもお姫様の苦労がわかる3歳児っていうのもどうなのか……。

ま、まぁアタシの恐怖の読み聞かせがいけないのだろうけども……。

白雪姫の魔女とかもう本で読んでるだけなのに、

絶叫してなんとかして手で魔女の絵を隠そうとしたりね、

もうその本気で怖がる姿が面白い面白い。
2508214.png
おーっほっほっほっ!!!!

そんな恐怖の読み聞かせも好きらしい子供達、何度も読め読め言ってくる…。
良かった良かった。

ホントに本が嫌いにならなくてよかったよ!今のところは。


そんな私はよく子供達に頼まれる。

娘「わたしおうじさまね、


  ままはね、まじょね。」

息子「ぼく可愛い鹿とかどうぶつがいい!」


姫は?!

仕方なく、私が魔女をやり、さらに姫をやり、王子様にキスをしてもらうのを待つという遊びをしたりする。

そんな子供達との夏休み……

そろそろ終わってくれないかなぁと思うアタシです。
posted by saya at 10:18| 北海道 ☔| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

旅行に行きます

忙しい皆様こんにちは。

本当にね、

「ママーママーこれでいいー?」

とかね、

「これみてー」

とかね、

「自分でしてみるー」

なに?!それはちょっと待て!

とかね、

とにかく忙しくてね、

息子の宿題をようやく見ていたときに気づきました。


あ。私ズボン履いてない。


買い物に行こうと着替えの途中だったときに呼ばれたから、

どっかで脱いだままかも!

と思って、

アタシ「ちょっと!ママのズボン探してー」

と子供達に頼みました。

狭い部屋だからね、3人で探せばあっという間に見つかるよね。

息子が周囲を見回してくれようとしたとき、

娘が言いました。

娘「ママ!自分で探して!」

ひいいいいいっっっ

いや、確かに私がなくしたんだと思うけども、君達に翻弄されてなくしたんだし、

あれだけ人をこきつかっているのに、

ママが困った時にそのきっぱりとした断り方ってどうなの?!


丸顔で憤然として見上げている3歳児に、一つどっちが上か教えてやらねば!!!!


アタシ「そ、そうだね。自分のことは自分でだよね。わかった。一人で探すよ……。」


人をあてにした生き方はしちゃいかんと教えているだけにね、
ええ。
2508054.png
一人で探したアタシです……。

息子は優しいなぁ。


そんなわけで何もしてないのにUOお題。


モンバットが最強になった理由って何?

製作者のちょっとした手違いで攻撃が当たらなくなった。
2508041.png
死にかけると遥か彼方へ飛んでいく。
2508051.png
擬態を習得。
2508056.png


見かけがSAドラゴンのパラゴン色。


しかし、ある意味厄介だと思うのは、やはりログアウト寸前にモンバットに殴られたときとかね、
う、うざい!!!

って思いますよね。でもブリタニアにはなくてはならない存在です。
posted by saya at 19:25| 北海道 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

日記と大人なあれ。

数日前、狭い部屋を白い粉だらけにして自由研究キットの

紙粘土と格闘した私と子供達。

いや子供達は相当楽しんでいましたけど……。

後片付けやらなんやら半日つぶれました。

そして、ついに本日は絵の具で色塗り。

紙粘土以上に大変な作業になりました。

明日か明後日あたりにニス塗りをしなければなりません……。

自由研究キットってって簡単そうに手軽な箱に入っているけど、

実際やってみるとものすごい大変ね!!!

なにせ6歳、説明書を読んで組み立てるとか、

懇切丁寧に教えていかないと何も出来ない。

「じゃあもう一度読むね?」「この書いてあるのと同じ向きに置いてみようか?」

「どこに糊を塗ったらいいと思う?」


もう私がやってしまいたい!!!!

という衝動を抑えて、いや時々アタシがやっちゃったけども。

色塗りまで終わってみれば不器用で初々しい紛れもない6歳児の作品が完成です

ああああああああっっっ

疲れた……。

しかもその後明日エプロンが必要とかで急いで縫っちゃったよ。

なんでこんなに忙しいのか。


さてそんな私ですが、たまりすぎてやってしまったことがありました。

突然大人な話ですみません。
18歳未満の方、不愉快に思いそうな予感がする方はご遠慮下さい。
続きを読む
posted by saya at 20:22| 北海道 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

寒い話。

夏休みに入ってからの方が大変な日々になったと感じる私です。

もう毎日子供二人連れて公園に行ったり、買い物に行ったり、

部屋中散らかして自由研究したり、

勉強したりまるつけたり、

ああだこうだとほぼ毎日出かけてるし!

朝は6時前に起きてるし!

どういうこと?!!

忙しすぎてだんだん空気が抜けてきそうです。

さて、そんなある日、うちのだいぶ育ったグリーンカーテンに水をあげていたのですが、
2507301.png
水をあげ終わって振り向くと、娘が私を指差していいました。

娘「ママ!めがねにむしついてるー!」
2507302.png
何?!

そういえばちょっと視界に黒い陰りが。

眼鏡を外してみてみると、眼鏡に小さいいもむし的なものがくっついていました。
2507303.png
いつのまに。

その瞬間、ふと過ぎった。

言わずにはいられない一言が。


私「メガネに虫がついてる!これぞ本当に虫めがね!」

次の瞬間に訪れた沈黙は多少痛かった……。

しつこく

「面白くない?虫めがねだよ?」

ときいたら、息子がふっと口元だけ笑った形をして頷きました。

昔はちょっとしたことでもころころ笑ってくれたのに、

最近お笑いに対してずいぶん厳しくなってきた子供達です。

いや私のレベルがあれすぎるのか?!

いやそこは考えないようにしたいと思います。エエ。ハイ。

そんな寒いアタシが思いついたくだらないネタをどうぞ。

こんなトイレは嫌だ

戸が開かない。

2507305.png


トイレごと流れる。

2507306.png


さだこが出てくる。

2507307.png


流すところが無い。

歩く。

6歳児とこんなことばかり考えています……。
posted by saya at 18:22| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

夏休みのお勉強の話

さて、昨日は息子の国語の勉強をつきっきりでみてあげていたのですが、

さっぱり出来が悪いということが発覚。

な、なにぃぃぃぃぃっ!!

なにせ毎日読み聞かせ、声を出しての音読、

本だけはがっつり読んであげてきているから理解力は、あるはずなんて思ってたのですが、

読み込むということが全くわかっていないことが発覚。

算数とかは教えられるけど、国語ってどうやって教えたらいいのよ……。

でもね、算数の文章問題は出来るのよ。

どういうこと?!

教え方がわからないということに悩む初小学生のママです。

ちなみに息子の算数は、もうすぐ一年生の算数というドリルが終わりそう。

え?!

もう2年生なの?!

と思って、2年生のドリルを買ってみたら、

普通に2年生用が出来そうな感じ。

理系なのか。

これは感想文とか作文とか小論文で苦労しそうだ。

ちなみに私は感想文、作文、小論文大得意だった。
評価が良かったかどうかは別だけど、書くのは平気だった。
書き直しても書き直しても全く平気だった。
読書感想文も超楽勝だった。選ばれたこと一度も無いけど。

だから余計、国語がわからないとか理解出来ない!!
どうやったらわかるようになるのかとか全く理解出来ない!!

国語は、一年生の初期段階、算数はもうすぐ1年生終わりそう。

息子6歳の学力のバランスがかなり悪いと分った私です。

さてそんな本日、朝植物に水を上げていると、

息子「あ!アサガオ咲いてるー!」
2507282.png
?!

アサガオが咲いていることに全く気づかなかった私。
目の前で水上げていたのに……。
花を咲かせるのを楽しみに育てるとか言う感覚が私には無いのだろうかとふと過ぎった私です。
posted by saya at 12:37| 北海道 ☔| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

ラジオ体操

ついに始まった夏休み。

過酷な5時起き生活……。


夏休みの方が大変なんだけど!!!

お休みっていうか全然お休みじゃないんだけど!!!

と思いながら行ってきましたが、

ラジオ体操、


もうあまりにも久々すぎて微妙に違ったり。


さらにジャンプするとぶちって音がしたり、


後ろにそって〜

ってところで、「うぉぉぉ〜〜」と変な声が出たり、


ああ。もう死ぬぅぅぅぅぅぅぅ〜


という大変な朝でしたが、

よく考えれば親はしなくていいんじゃないの?!!!


するの?!

一日で限界を感じた私です。


ということで、



行列が出来る本屋さんってどんなの?

2507232.png

激レアアイテムを一発で出す方法を超難解な言葉で書いてある本屋。





1000k小切手が背表紙。



一冊読むと二人に同じ本を渡さなければ呪われる本屋。


子供の作り方が懇切丁寧に書いてある本屋。


ブリタニアの7不思議の解説本。


そして本日。

ニュジェムビーチが遊泳禁止。どうした?
2507241.png
オシリドン大繁殖。


posted by saya at 15:31| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

けけけの歌

娘がカエルの歌を歌っていました。


娘「かーえーるーのーうーたーがー」


息子は少年ソプラノで小鳥のさえずりのようと褒められたのですが、
うちの娘はかなりの低温。

なかなかの迫力でげろげろ歌います。

娘「きーこーえーてーくーるーよー」

そして、次の瞬間、


娘「ケケケケケケケケ


   ぐわっぐわっぐわっ」


ケ?!


ロがないだけでかなりニュアンスが違う
と思ったアタシです。

ちなみにケロケロは言えるのですが、
まだ舌がうまくまわらず、歌になると早く言わないといけないため、

「ケケケケケ」になるようです。

息子も思わず「ふっ……」と笑っていました。
ケロケロ言えるようになるまでしかきけない貴重な、
「カエルの歌」だと思うので、
そっと見守ろうと思ったアタシです。
2507231.png
posted by saya at 08:00| 北海道 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

我家の流行

酒場でも、ちらっと言ったのですが、

今我家では面白いことをいうのが流行中。

息子と二人で言い合ったりしています。

本日のお題は

こんな桃太郎は嫌だ。


なかなか鬼が島に行かない。
2507221.png


親指ぐらいの大きさしかない。



きび団子独り占め。


鬼が怖い。


と、朝からくだらない話をしながら見送りました。


旦那がお笑い芸人になりたいっていうようになったらどうするんだ!
と常々心配していますが、

この程度ではまだまだ!!!

と思うので、是非これから自分なりの発展を遂げて欲しいと思います。

ええ、実は全く何も目指していないんですけどね。

ホント、変なママでごめんよ〜

ちなみに最近息子に、


息子「うちのママっておかしいと思う」

と言われました。

?!

返す言葉も無かったです……。
posted by saya at 09:30| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

娘の話

さて、ぷりきゅあに目覚めた娘。

しかし、息子の時にあれだけ高いおもちゃを買ったのに、
いまや箱に山積みのまま。

もう二度と過ちは繰り返すものか!

と思う私なのですが、

おもちゃ売り場においてあった変身アイテムに夢中な娘。


娘「えるおーぶいいー!」

売り場で変身に熱中。
2507181.png
ちょっぴり買ってあげたい気持ちに襲われましたが、
でも、家に帰ってきてからも
別に道具が無くても変身しているし、いいよね。
自分で代用できるなら必要なし!

と思い直しました。

なにせいまや使わなくなったおもちゃの山が。
しかも最後に買ったほうになってくるとどんどん使用頻度が落ちてきて、

まぁもったいないわっ!!!

で、売り場で変身してた話をちらっと旦那にしたのですが、
すると、


旦那「可哀想じゃないか!むうくんには買ってあげたんだからすうちゃんにも買ってあげなよ!」


エエエエエエエエええええええええええええええええっっっっ


懲りてないのがまさかここに。


3万以上の散財を押し切っておいて、私に懐のイタイイタイ思いをさせておいて、
これだけの後悔と未練を残しながら、

なんですってええええええ

アタシ「え?あの山のようなベルトを見て言ってる?」

旦那「すうちゃんが可哀想だよ!」


……。


敵は陣中にありって言葉、どこかにあったよね。

そんなことが脳裏に過ぎったアタシです。
posted by saya at 08:15| 北海道 ☔| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

娘の話

ついにきた。

娘3歳ぷりきゅあデビュー。

と言っても、そんなにテレビは見ないのですが、

園でぷりきゅあごっこが流行っているのか唐突に変身し始めました。

とはいえ、たぶんアニメの中のキャラクター達の言葉は早口すぎて理解出来ないようで、


「きゅあなんとか〜」

「だいやもんどなんとか〜」

とか、かなり言語的に意味不明な響きを叫んでいます。


そんな娘に、

娘3歳「ママーお化けになってー」

とよく頼まれます。

お化けというかぷりきゅあの敵のことなので、とりあえず

アタシ「がお〜」

と襲ってみる。

すると、娘、短い手足をばたばたさせながら大急ぎで変身と必殺技を繰り出す。
2507111.png

3歳児「えるおーぶいい〜」

ラブかな……。

3歳児「○○○○〜〜」

聞き取れない。

とりあえずやられそうでやられない感じで頑張っていると、

最後の必殺業が。


3歳児「ダブルパーンチっ!!!!」
2507112.png
全身の力を込めて結構な威力のパンチをぶつけてくる。

しかもダブルパーンチってたぶん違う番組とかのパンチだと思うのだけど。

さらにキックや武器攻撃もある。

とにかく、うちのぷりきゅあはお兄ちゃんの影響か、かなり暴力的だと思う私です。
いや、お兄ちゃんだってこんな暴力的ではなかったと思うけど……。
2507113.png
お友達には絶対にしてはならないときつく言い聞かせております。

ちなみに仮面ライダーに変身しまくっていたお兄ちゃん、

さすがにもうしないのですが、熱心に変身している娘を見て
わずかに苦笑を浮かべている様子を目撃。

アタシ「お兄ちゃんもしてたよね?」

と聞いたら、ちょっぴり照れくさそうに口をすぼめていました。

もうしないようです。

しかし、娘3歳はこれから……。

もう6000円もするベルトみたいなものは買いたくないので、

その分戦って遊んであげようと思います。


ちなみにその6千円のベルト。高すぎてもったいないので捨てられずにいたら、

旦那に

旦那「もう捨てたら?」

とか言われました。

私がこんな高価なものはいらないと反対しまくったのを無視して買ってきたくせに!
簡単に捨てたらとか言うんじゃないよ!

だから買うなと買うなとあれだけ言ったじゃないのおおおおっっ

この未練というか怒りというかが収まったころに捨てようと思います……。
でも4,5本あるんですよ。30000円?!
捨てられないわーっっっ!!!
posted by saya at 08:16| 北海道 ☔| Comment(14) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

まさかの話

うちはぼろアパートなので壁も薄いし、

廊下など共用部分で大きな声を出しちゃだめ!

と厳しく言い聞かせているんですね。

そりゃもう朝の忙しい時だって、外に出たら声は小さく!

とばたばたしながらもまだ寝ているかもしれない人に配慮することを

厳しく厳しく教えています。

さてそんなある朝、

ばたばたともう時間だ!遅れる〜〜〜

と勢いよく子供達を玄関の外に出し、

自分も鍵を持ってドアを閉めようとした途端、


玄関のドアにものすごい太い糸が真上からつーっと伸びていて、


2507031.png
人生で一度も見たことがないような巨大な蜘蛛が。



その瞬間ね、子供達の目の前で思わず


ぎゃああああああああああああっっ!!!!


大絶叫。

子供達に駄目だと言ってきた私がね。
まさかの私が、子供達は無言だったのに大絶叫

たぶん早朝からぼろアパートの各部屋に届くほどの大絶叫ですよ。


ああ、こんなことってあるんだな……って思いました。


ちなみに時間が無くて蜘蛛を排除するところまで出来なかったのですが、

子供達を送り出して戻ってきたら蜘蛛の姿は消えていました。


ど、どこに消えたの?!!!


今無性に怖くて仕方が無い私です。
posted by saya at 09:45| 北海道 ☔| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

寒い話

毎日息子の宿題をみていてあげるのですが、

その横で娘もあれやこれや遊んできて、
しまいには頭突きをされたので、

思わず押しのけて、


アタシ「ちょっと今、ママ忙しいから後にしてちょうだい!」

と言ったら、

娘がむくれて泣いてしまいました。

すると息子、


6歳児「ちょっとママ!僕お勉強してるんだからそれぐらい我慢してあげてよ!」

ひいいいいいいいっっっっ

思わず

私「ご、ごめんなさい。でもママだって頭突きされたんだよ!」

息子「でもママだってすうちゃんあっちにやったでしょ!」


う。

返す言葉もなく、娘に謝りました。

アタシ「ごめんなさい」

3歳児「いいよ。」

でも私だって頭突きされたんだよ!
と思って、

アタシ「すうちゃんもママにごめんなさいって言ってよ」

3歳児「いやだ」

えええええええええええっっっ

6歳児「泣かせないようにしたらいいんじゃない?」

えええええええええええ……。

6歳児に完全に負けたと思ったアタシです。

しくしく……。


そんな息子に食後一人食べ終わって暇なのでコントを見せた。
2506261.png

右手君「左手君、君に言いたい事があるんだよ」

左手君「なんだい右手君」

右手君「君この間僕のこと殴っただろう」

左手君「なんのことだい?僕がそんなことするわけないじゃないか!」

右手君「いや、こんな風に僕を殴ったじゃないか!」


拍手。

左手君「これは拍手と言って喜びを表しただけじゃないか!」

右手君「だからって僕を殴っていいのか?!」

左手君「いやいや手を叩いただけじゃないか」

右手君「ほら僕を叩いたじゃないか!」

左手君「違うよ!君と喜びを分かち合いたかったんだよ。君と仲良しだから」

右手君「左手君……。そんなに僕のことをすきなんだね」

左手君「そうだよ!僕達は仲良しなんだ!」

拍手。

右手君「だから僕を殴るなよ!!!」


終わり。
実際はもっとだらだらとやっていたわけなのだけど、
一連の長いくだらないコントの末、

息子が食事をしながら「ふっ」と無言で笑っていた。
ちなみに娘は一緒に拍手をしていました。


それ以上の感想はいくら待っても出てこなかった……。
ああ寒い。なんか寒い。寒い気がするのはキノセイだろうか。
いや、それよりなによりこんなママでいいのだろうか…。

posted by saya at 11:28| 北海道 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

いいてんきの話

小さい頃、太陽のことを「いいてんき」と言っていた息子。
http://sayatoyuma.seesaa.net/article/294715787.html




夕暮れの太陽を見て一言。

6歳児「いいてんきがあるよ」

え?!

まだ「いいてんき」なの?!

そ、そろそろ太陽って言ってもいいんじゃ……。




まだ幼稚園の頃は、いいてんきは丸のまわりに線がついている。


太陽は丸だけ。

という自分なりの区別をしていた息子。


い、いまはどういう意味で「いいてんき」なんだろう……。

と思って、

アタシ「太陽といいてんきって違うの?」

ときいてみた。

すると息子

息子「違うよ。太陽は沈むけど、いいてんきは沈まない」
2606211.png
おおおおおおおお

太陽は沈むっていうところに小学生になったという知性を感じる。

新たな自分なりの区別が出来ていたようだ。

でもやっぱりまだ「いいてんき」は続くのね……。


これはこれで面白いからそっと見守っておこうと思ったアタシです。



さて娘の話。

娘の泣き顔があまりにも可愛くて面白くて、
なんでこんなに可愛いんだろう!!

と思ってじーっと見ながら描いてみた。

すると、出来上がったときには娘が絵を見て笑っていた。


すごい可愛いのに。
可愛いのに。
2606212.jpg
見れば見るほど本当にそっくり……。

年頃になればきっと美女に…

…ならなくても、私にとっては世界一の美女だと思うよ。うん。

posted by saya at 07:18| 北海道 ☔| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

飛翔

昨夜は寝ようと思っていた直前に、恐ろしい黒い物体が室内に飛び込んできました。
2506084.png

ど、どこから?!

網戸の下とかエアコンのフォースぐらいしか空いてないのに。

帰宅直後の旦那が「ゴキブリだ!!!」

と叫んだのでそれからもう大変。

あれを倒さないと眠れないぞ!!!!


と、深夜0時に電気全開で一家総出で探しました。


いや最初に入った時にね、倒すチャンスがあったのに旦那がびびって逃がすというね。

やるときは思い切りやれよ!!!

手で潰すぐらいの勢いで。

で、結局6歳児が発見

息子「あれじゃないの?」
2506085.png
それだああああああああああああっっっ

潰せというのに潰せないままビニールに3重に包まれて捕獲。

今早々に口を閉じられたゴミ袋の中にいますよ。

恐ろしい。次からは凶器用意しとかないとだめだわ。

しかし初めて見たわ。

こうやって入ってくるんだ〜とか思いました。

そんなわけで本日は一家総出で寝不足です……。
2506086.png

posted by saya at 09:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。